So-net無料ブログ作成
検索選択
ドライフラワーとの違い ブログトップ

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い [ドライフラワーとの違い]

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いについて紹介します。



プリザーブドフラワーとドライフラワーの違いは、花が色鮮やかなことです。

ドライフラワーは、花や草木を乾燥させて作ります。
窓辺や室内などの風通しのよい場所に花材を吊るして自然乾燥させる方法や、乾燥剤などを使用して作り上げる方法などあります。


プリザーブドフラワーは、特殊加工を施すことで、みずみずしく柔らかな風合いと、鮮やかな花色を長期間にわたって楽しめます。


では、保存についてどう違うのでしょう。


ドライフラワーは永遠ではありません。湿気や光によって、飾っていると次第に色あせてきます。素材によってその色の持つ時期も異なってしまします。


プリザーブドフラワーは、いつまでも咲き続ける魔法の花として有名です。上手に保存することで長期間、素敵な状態を楽しむことができますよ。

万が一、アレンジメントが壊れてしまっても、きれいな花が一輪でも残っていれば、コサージュや一輪挿しなど、いろいろな楽しみ方ができるのも嬉しいポイントですよね。

プリザーブドフラワーについてもっと知りたい方はこちら>>>使っている花の種類


共通テーマ:趣味・カルチャー

プリザーブドフラワーの値段 [ドライフラワーとの違い]

プリザーブドフラワーの値段について紹介します。



お花屋さんでプリザーブドフラワーをご覧になられた方はご存知かと思いますが、結構
お値段が高いですよね?


プレゼントで贈るならと、お花も沢山使っていて、素敵にアレンジされているのを選ぶと、
普通で7.000円~1万円ほどしましますよね。


これが、ブーケだと2万円以上になります。


オーダーメイドで注文したプリザーブドブーケだと、デザイン等によって異なりますが
ラウンドブーケで2万円以上キャスケードブーケだと3万円以上します。


「だったら自分で作れたらいいな~」
と思いませんか?


最近では、プリザーブドフラワーが手軽に学べる教室もたくさん増えてきましたよ。

プリザーブドフラワーを習いたい方はこちら>>>プリザーブドフラワー教室の費用


共通テーマ:趣味・カルチャー
ドライフラワーとの違い ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。